こんにちは あいされ烏です

前回の続きです。

前回の記事はこちら
神様ネットワークとご挨拶のお話

 

色々な神社にご挨拶に行く前にやるべき事

 

【 産土様と氏神様への ご挨拶 】に ついて。

神社の神様達は 天界にある 神様ネットワークで 繋がっています。

親(産土様)が 子(私達)の 丁稚奉公先(氏神様・鎮守様)に 挨拶に 行く様な もの。

なので、先ずは 親(産土様)に 報告し、 奉公先(氏神様・鎮守様)の 情報を伝える。

1、ご自身の 産土様 に ご挨拶に 行って下さい。

遠方の方は 帰省時で 大丈夫です。(それまでに、近くの 氏神様・鎮守様に ◯◯(実家の住所)に 住んでいた ◇◇(名前 )です。まだ 産土様に ご挨拶に 伺えておりませんが、宜しくお願い致します。みたいな 感じで 一報 入れておいて下さい。)

実家の住所、生年月日、干支、年齢 、フルネーム名前、現住所を伝え、近所の 参らせていただいている 神社さんを伝える。

『◯◯(産まれた時の 実家の住所)で生まれ育ちました△△(生年月日、干支、年 )◇◇(フルネーム 名前)です。今は ◯◯(現住所)に 住まわせていただいており ◽︎◽︎神社さんに 参らせていただいております。有難う御座います。』

そうすると 天界で 神様同士が 親戚の挨拶みたいに

神様01

うちの子を宜しくお願い致しますね

神様02

おたくの子、預からせてもらいますね

と 話し合い、神様同士の ご挨拶〜縁結び をされます。

2、次に 氏神様(鎮守様)((家から 近い 神社さん ))への ご挨拶。

会社の近くの神社さんも 縁ありますので、どちらも 行かれると 尚 良いです

現住所、生年月日、干支、年、フルネーム名前を伝え、実家の住所、実家の近くの神社さん(産土様)を伝える

『◯◯(現住所)から 来ました、△△(生年月日、干支、年 )、◇◇(フルネーム名前 )です。本日は参らせていただきまして、有難う御座います。
◯◯(産まれた時の 実家の住所)に 住んでいて、△△神社さんに 護っていただいておりました、有難う御座います。

これで 両方への ご挨拶が終わりです。

両方に ご挨拶をしておくと不思議な縁で 両方の 神社さんの 御祭神や 末社 等 の神様と 縁が出来ていきます

あちこち 神社に 行かれる前に、最初に 産土様と 氏神様・鎮守様 に ご挨拶をして “様々な縁結び” が スムーズに行く様に

この “最初のご挨拶” を 出来る時に しておいて下さい✨

主祭神様が どなたで どの様な ご神徳のある方か 知っておくのも 大事です。

生まれ育つ場所や その後 住む場所って、神様の 采配で決まっているんです

“その神様の 得意分野を任せたいから”

その子を 選んで 自分の護れる範囲におくので、主祭神様の 得意な事が 、みなさんの 本来 ‘やると決めて産まれてきた事’ と 繋がっている筈です…

世の為・人の為 と なれる様 、その チカラ を 産まれる前から 決めてきているんですよ✨
…忘れちゃっている 方は 神社さんに 通っているうちに 思い出してくるかも?…

芸事で 世の為 人の為に なるのか…

お商売をして 世の為 人の為に なるのか…

台所関係の 事で 世の為 人の為に なるのか…

主祭神 様 のみならず、境内末社や 境外末社、摂社、配祀 の 神様の 中にも、自分と 縁が 強い神様が いらっしゃるので

あぁ〜あの神様 、産土様にも 氏神様にも 居てくださるなぁ〜とか

たまたま 気になって 行っていた 神社 を 調べてみたら 全部に あの神様が いらっしゃる!

など、 面白い 事が ありますよ(笑)

知らぬ間に 呼ばれて 縁結び 強化 している状態ですね!

最初のご挨拶が終わったら……

さて、 最初の ご挨拶が 終わりましたら

気になっている 神社さんや 行ってみたい 神社さん、ご自身の好きな神様の 鎮座されている 神社さん や ご自身と 縁のある神様の神社さん など、いける所に 行ってご自身の 神様ネットワーク を 強化してくださいね✨

まずは 産土様へのご挨拶、そして 今住まわせていただいている 土地の 神様:氏神様や鎮守様への ご挨拶をしてから 神社めぐりを…と 言う事です。

次回から ようやく、わたくしの 初 お江戸巡り のお話です



ブログランキング参加中です♪
ポチッしてくれたら泣いて喜びます!